年金受給者もクレジットカードを持てます

年金暮らしの方がお申し込みをした場合

年金暮らしの方が、クレジットカードを持つ方法を紹介していきます。
わかりやすい例として、下記の65歳の方を例としていきたいと思います!

 

(例)

年金生活者のお申込み人

  • 氏名:年金 太郎
  • 性別:男性
  • 生年月日:昭和17年11月**日生まれ
  • 年齢65歳
  • 自宅電話番号:03-****-****
  • 住所:東京都大田区○×町
  • 居住形態:持家(本人)
  • 居住年数:20年以上
  • 携帯電話番号:090-****-****
  • 職業:年金受給者
  • 年収:180万円

 

まず、

  • ご年齢が69歳以下であること
  • 年金収入が180万円あること

から判断すると、特定の条件をクリアすればクレジットカードの発行は可能だと思います。

 

その特定の条件というのは、大きく2パターンありますので、どちらかで試してみてください。

  1. 年金受給者の方にお勧めのクレジットカードを選ぶ
  2. これまでの銀行取引の実績を活用するパターン

 

 

(1)年金受給者の方にお勧めのクレジットカードを選ぶ

年金生活者の方が、クレジットカードのお申込みをする時は、審査に通りやすいクレジットカードを選ぶ必要があります。

 

選ぶポイントは、

  1. お申込み欄に「年金受給者の方」という項目が用意されている
  2. 流通系のクレジットカードを選ぶ

の2点です。

 

(1)お申込み欄に「年金受給者の方」という項目が用意されている

クレジットカードをお申込みする時に気が付かれると思いますが、カード会社によって職業選択欄に「年金受給者の方」という項目を、最初から用意してくれているところと、そうでないところがあります。

 

年金受給者の方という欄

 

「年金受給者の方」という項目を用意してくれていない場合は、最初から審査に通すつもりがないという意思表示です。

 

こちらも素直に「年金生活者」を対象にしているクレジットカードにお申込みしましょう!

 

(2)流通系のクレジットカードを選ぶ

大手スーパーやネット通販は、お客さまとして高齢の方を大切にしています
ですから、審査に通りやすい傾向にあります。

 

また、職業選択欄に「年金受給者の方」という項目が用意されているケースが多いので、その点から言っても発行の確率が高いのです。

 

上記2点を踏まえて、当サイトでは下記のカードをお勧めしています!

 

年金受給者の方にオススメのクレジットカード

1 楽天カード

楽天カード

・流通系
・年金生活者でもお申込み可能
・年会費無料


 

2 アコムマスターカード

アコムマスターカード

・年金以外に何らかの固定収入がある方
・「年金受給者の方」という項目なし
・お勧めの理由は審査がそれほど厳しくないからです


 

 

(2)これまでの銀行取引の実績を活用するパターン

次に銀行取引を活用するケースを見て行きましょう!

 

上記のお申込内容を改めて確認してみますと、本人名義の持ち家で20年以上住んでいますね。

 

今は定年退職して勤めておらず、現在の収入は年金のみで生計していますが、申込人は就職してから定年まで、銀行と長きに渡り給与振込み等の取引をしてきました。

 

その間に、銀行から住宅ローンの融資を受けて、滞ることもなく既に完済しています。
そして、定期預金が数千万円あると銀行から情報が入ります。

 

銀行からしてみれば優良な個人顧客となります。
長年に渡り、銀行と申込人は取引をしていたのです。

 

このケースであれば、カード会社でも調査して何も問題がなければカードは発行されます。
これは、パート主婦の方も同じです。

 

銀行取引を、ご本人かあるいはご主人が行っていれば、その情報もカード会社に入ります。
そこで、問題がなければクレカは発行されるのです。

 

年齢によって有利・不利はあるのか?

勤め先があり毎月の収入が入ってくる方でしたら、20代〜60代でもそれほど大きな差はありません

 

もちろん高級なカードになれば、40代以上で役職が付いている人の方が有利になります。
その点、年金暮らしの60代以上の方は、やはり審査は厳しくなります。

 

表向きは「年齢による差別は無い」としているかもしれませんが、業界的には年々厳しくなってきている傾向にあります。

 

しかし、日本は超高齢化社会が今度もずっと続いていきます。
高齢者のクレジットカード需要は上がっていくことは間違いありません。

 

各カード会社には、この需要を満たす「高齢者向けカード」を何とか発行してもらいたいと思っています。

 

補足:年金受給額の平均は?

公的年金は3階建ての仕組みになっており、

  1. 国民年金(基礎年金)
  2. 国民年金基金+厚生年金
  3. 厚生年金基金

に分かれています。

 

受け取ることができるのは、

  • 自営業者:国民年金+国民年金基金
  • 会社員(サラリーマン)、公務員:国民年金+厚生年金+厚生年金基金
  • 会社員の配偶者:国民年金

となっております。

 

なので、自営業者よりも会社員の方が、手厚い年金システムの恩恵に授かっているわけですね。

 

そして支給額の平均値は、

  • 国民年金:約6万円
  • 厚生年金:約15万円

と3倍近くの差となっています。

 

そもそも今の現役世代が年金を受給することができるのか?
という疑問はありますが、現在の仕組みや受給額は上記のような相場となっています。

5分で見つかる
1 審査に自信がない方
どうしてもクレカが欲しい人にお勧めの一枚。選ばれている理由とは?


2 カードを持てない時の代替案
お金の使い方・考え方によっては、こちらのカードでも満足できます!


3 自分の審査力は普通だと思う方
延滞や事故歴があると通らないカードですが、年収や職業面は問題になりません