どのような状況でカードを申し込んだか?

申し込み方法や場所も審査対象

クレジットカードの申し込み方法や場所が審査に影響する!
とは、どういう意味でしょう?

 

「どこで申し込んでも、審査基準は同じなんだから変わらないでしょ」
と思われている方が大半だと思います。

 

ですが、クレジットカードを申し込む際に、

  • どこで(場所)
  • どのような状況で

申し込んだか?というのは、実は審査の判断材料になり得ることがあるのです。

 

銀行系クレジットカードの場合、それを「お申し込み区分」として分類していました。

 

お申し込み区分

下記がクレジットカードのお申込み区分です。

 

お申込み区分

  1. 店頭申し込み:銀行の窓口で、顧客に意思でクレジットカードのお申し込み
  2. 店頭で勧誘:新規口座開設等、顧客が銀行窓口で手続きに来た際に、行員がカード入会を進めた場合
  3. DM:銀行に設置してあるクレジットカード申し込み用紙を、顧客本人が記入し郵送してきた場合
  4. その他:渉外担当者が、取引先の企業や新規顧客に勧めた場合

 

会社ごとに違いがありますが、だいたいがこのような区分をされていると思います。

 

上記の区分の意味は、一見なんでもないように感じると思いますが、ちゃんとした理由があるのです。

 

(1)銀行の「店頭申込」の審査は甘くない

実は、クレジットカード会社が一番警戒する申し込みは方法は銀行の「店頭申込」なのです。

 

わざわざ銀行窓口に訪れて、クレジットカードを申し込みに来た理由はなんだろうか?

  • たまたま、銀行に行く用事があったからついでに申込みをした
  • 宣伝のポスターを見て、クレジットカードのデザインが可愛かった

など、申込者側としての動機や理由は、色々あると思います。

 

ですが、クレジットカード会社側としては、
「よほど顧客がクレジットカードの必要性があったから、直接申し込みをしてきた」
と判断して、慎重に審査をするようになっています。

 

例えば、

  • カード利用(ショッピング枠)ではなく現金(キャッシング枠)目的かも知れない
  • 自転車操業状態で、他のカードでの支払いを他社のカードで補うためかもしれない
  • とにかくカードを持ちたい、急いでいるから直接申し込みに来たかもしれない

などの可能性を疑います。
ある調査で、店頭申込みに来た顧客を調べたら、上記のような事例が確率的に多かったのです。

 

ですから、お申し込み区分「店頭申し込み」は、楽に審査に通る方法としては、あまりお勧めしません。

 

イメージ的には、対面で堂々とお申し込みした方が、相手(銀行員やカード会社)も信頼してくれやすいかな?と思われがちですが、

 

(2)店頭での勧誘はケースバイケース

クレジットカードも定期的に入会キャンペーンというものを行っていますよね。
例えば、今入会すると、

  • 年会費1年無料
  • 商品券3000円分プレゼント

のようにしてお申し込み数を増やす施策を行っています。

 

この時期は、銀行もカード会社も顧客獲得に力を入れているので、店頭での勧誘も積極的に行われています。
行員やカード会社社員にノルマが課されているケースもあります。

 

その時期は、やや審査基準が柔軟になるので、「店頭で勧誘」のお申し込み区分が有利に働く可能性もあります。

 

ただしキャンペーンの時期以外は、このお申し込み区分がメリット・デメリットどちらになることもないと思います。

 

(3)DMの場合は特に無し

最近はネット社会になりつつあるので、備え付けのクレジットカードのお申込用紙を利用して、郵送で申し込まれる方の数は減ってきています。

 

また、郵送で届き次第の審査となりますので、それに対して有利・不利になることはありません。

 

(4)その他:渉外が持ってきた顧客には甘い?

渉外が持ってきたお申込みは、銀行の取引先ということもあり身元がはっきりしているので、審査は甘めとなります。

 

例えば、取引先の企業に新入社員が入ったとします。
そこで営業をかけて、せっかくその新入社員の方がクレジットカードをお申し込みしてくれたとします。

 

実際、銀行とのお付き合いということで、伝統的(半強制的?)に新入社員はクレジットカードお申し込みせざるを得ないことも多いです。

 

にも関わらず、審査落ちにしてしまたら、相手はどう感じるでしょうか?
もし上司の命令(指示)であった場合は、上司の方の面子も潰れてしまいますし、新入社員の方も銀行やカード会社に対してネガティブなイメージを持ってしまいます。

 

なるべくそうならないように、審査対応は行っているということですね。

 

ただし、個人信用情報機関に登録されている、その新入社員の方の信用情報がブラックだった場合は、さすがに審査落ちとなってしまいます。

 

ネットからのお申込者には厳し目の対応だった?

今はインターネットで、すぐオンラインで申し込みが出来るようになりましたね。

 

一昔前は、クレジットカードのネット申し込みなんて一般的でなかったので、「店頭申込」同様に厳しい対応を取られていました。

  • 心理的に対面を避けて申し込みたいのではないか?
  • 購入以外の目的で、緊急にクレジットカードの必要性がある

などの理由を考えられていたからです。

 

申し込む方にとってはオンライン申し込みは気軽かも知れなのですが、クレジットカード会社側の審査では、内容の記述などの確認がとりづらいため、審査が少し厳し目だったのです。

 

現在はオンライン申し込みの方が当たり前ですので、「ネットの方が審査が厳しい」ということはありません。

5分で見つかる
1 審査に自信がない方
どうしてもクレカが欲しい人にお勧めの一枚。選ばれている理由とは?


2 カードを持てない時の代替案
お金の使い方・考え方によっては、こちらのカードでも満足できます!


3 自分の審査力は普通だと思う方
延滞や事故歴があると通らないカードですが、年収や職業面は問題になりません