企業独自のクレジットカード

企業が続々とクレカを発行

クレジットカードを発行している企業を分類してみると、

  • 銀行系
  • 信販系
  • 大型小売業(デパートやスーパー等)
  • 流通業(旅行会社、交通・航空会社等)
  • 消費者金融

など、多くの会社が発行しています。

 

企業がカードを発行する

 

基本的には、独自で決済ネットワークを築いているのではなく、海外でも支払い可能である、

  • VISAカード(北米系)
  • Master Card(ヨーロッパ系)
  • JCB(日本)

などの国際ブランドと提携して発行していることから「提携カード」と呼ばれます。

 

上記が「基本的な国際ブランド」と「クレジットカードを発行したい企業」との関係性です。

 

発行企業(イシュア)

ただ、この間に発行企業と言われるクレジットカード会社が間に挟まっています。
※イシュアと呼ばれることもあります

 

ですが、これが一般的には目立たない部分なので気づいていない方が多いです。

 

例えば、流通系で言うと、

  • ルミネカード:ビューカード
  • ローソンPonta:クレディセゾン
  • エネオスカード:トヨタファイナンス
  • Tカード:アプラス

などがあります。

 

他にも有名な発行会社として、

  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコス
  • イオンクレジットサービス
  • ライフ

などがあります。

 

例えば「三井住友VISAカード」は、

  • 国際ブランド:ビザ
  • 発行会社:三井住友カード

という非常にわかりやすい名前をしています。

 

事例1:高島屋カード

高島屋カード
高島屋デパートのクレジットカードですね。
国際ブランドにはJCBのマークが入っていますが、他にもビザ、マスター、アメックスの中から選ぶことができます。

 

そしてイシュアーはどれかというと、右上にある「SAISONCARD」というところがヒントですね。

 

これはサイソンと読むのではなくセゾンと読みます(念のため)
つまりクレディセゾンが発行企業となります。

 

事例2:ビックカメラSuicaカード

ビックカメラカード
お次はビックカメラにスイカ機能が搭載された人気カードです。
国際ブランドについては、もう説明不要ですね。

 

イシュアはどこかというと、右上に「view」という文字が見えますね。
これはJR東日本でお馴染み「東日本旅客鉄道」が発行企業ということを意味しています。

 

消費者の選択の幅を広げてくれる!

企業がクレジットカードに参入してくる理由は、消費者が現金の持ち合わせがなくても、

  • カードを使用して商品を購入できる
  • サービスを利用してくれる

ことが企業サイドとしても利益につながるからです。

 

つまり消費者の購買意欲の手助けを、クレジットカードがしてくれるのです。

 

もしカードを持っていなかったら、商品を買おうとしたり旅行に行くことに対して、顧客は決断を鈍らせたり先送りにしていたかも知れないのですから。

 

支払い方法の選択肢が少ないと・・・

企業側としては、その場で消費者に決断してもらうことが、とても有益なことなのです。

 

オンラインショッピングでよく起こりうることなのですが、

  • 世の中には支払い方法の種類が少ない
  • 自分が利用したい方法が用意されていない

という理由で購入そのものを諦めてしまったり、少し高くても他店で買ってしまう方もいます。

 

ですから運営側としては、クレジットカードを始め、利用者のニーズを満たした支払い方法を取り揃えておかないと、売上がダイレクトに減ってしまうことにつながってしまうのです。

 

潜在顧客の5人に1人を失っている?

飲食店やショッピング、美容系サービスを行っているお店が、クレジットカード支払いに対応していない場合、なんと5人に1人の潜在顧客を失っているというデータもあります。

 

確かに、それくらいの割り合いの人が「このお店はカード払いできないから、アッチのお店にしておこう」と、最終的なところで判断を変えてしまっているというのは納得できるデータですね。

 

店舗によっては「クレジットカード会社に手数料を支払いたいくないから現金決済のみ」という拘りを持っているところも少なくないですが、20%の機械損失を考えて再検討するべきテーマだと思います。

 

アクワイアラ

発行企業(イシュア)の話が出てきたので、アクワイアラーについても知っておきましょう!

 

アクワイアラの仕事は加盟店の

  • 募集、開拓
  • 管理
  • サポート

等をメインの業務としている会社のことです。

 

加盟店は例えば「飲食店や洋服屋」などのことですね。
この加盟店ネットワークを発行会社が管理するのは難しいので、アクワイアラが行うのですね。

 

その他の発行スタイル

プロパーカード

ブランド会社自体が自社で発行しているクレジットカードのことをプロパーカードと言います。

 

国際ブランドが独自に発行しているのは、

  • ダイナースクラブカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • JCBカード

です。
VISAとマスターカードはプロパーは出しておらず、全て提携カードとなっています。

 

また、国内のイシュアが独自に発行しているものもプロパーカードと呼ばれます。

  • セゾンインターナショナル
  • 三井住友VISAカード
  • MUFGカード(三菱UFJニコス)

この場合は国際ブランドとは提携しているということになりますが、プロパーカード扱いなところが、やや複雑に感じられます。

 

ハウスカード

例えば、無印良品のMUJIカードやJALやANAカードの場合は、お店や航空会社の名前は入っていますが、基本的には日本でも海外でもどこでも使うことができますよね。

 

ですが、特定のお店でしか利用できないものもあります。
それがハウスカードです。

 

代表例は、

  • コスモ・ザ・カード ハウス
  • ニッセンマジカルクラブカード(終了)

です。
たまに丸井のエポスカードもハウスカードと紹介されていますが、エポスは普通のクレジットカードです。

 

ハウスカードは時代の流れと共に少なくなってきているので忘れてしまっても困りません。

5分で見つかる
1 審査に自信がない方
どうしてもクレカが欲しい人にお勧めの一枚。選ばれている理由とは?


2 カードを持てない時の代替案
お金の使い方・考え方によっては、こちらのカードでも満足できます!


3 自分の審査力は普通だと思う方
延滞や事故歴があると通らないカードですが、年収や職業面は問題になりません