自己破産後にどうやってクレジットカードを取得できるのか?

自己破産してカード審査に落ち続けた時のこと(Vol2-2)

自己破産をしたら、大抵のクレジットカード審査には落ち続けるようになります。

 

その期間は私の体験からすると「7年間」です。
7年間は発行出来ないと思って、その後の生活を送っていくべきだと思います。

 

長いと思う方もいるかと思いますが、自己破産した時に迷惑をかけた方がいると思うので、反省期間と思えば7年は妥当な期間だと思います。

 

それでは私の体験談を紹介していきます!

 

自己破産後のクレジットカード審査

 

自己破産をするとクレジットカードは作れない!

自己破産の事前面談の際に、裁判所から説明がありました。

 

「免責許可決定後は、どの金融機関でも7年間はクレジットカードが作れませんよ。
借金をすることもできませんよ。」

 

といった内容です。

 

なぜ、どの金融機関でもダメなのかというと、個人信用情報機関に事故情報が登録されて、金融機関で共有されることが原因です。

 

審査結果はいつでも否決

私の場合はこの話を聞いた時に、自分自身で招いた結果なので仕方がないと思ったものの、

  • もしかしたら間違えて審査を通してくれることがあるのでは?
  • 事故情報があっても審査基準にかからない会社があるのでは?
  • 落ちたらそれはそれでいいや

という淡い期待を持って実際に審査に申し込んでみました。

 

ですが、結果は常に「審査落ち」でした。

 

個人信用情報機関の事故情報が消えていないので当然ですね。

 

一度覚えたクレジットカードを忘れることは簡単なことではありません。
反省してないと思われそうですが、これがクレジットカードの魔力です。

 

ネットの口コミは信頼できるか?

またある時、インターネットの口コミサイトで実際に審査に通った方の書き込みがありました。
「元事故情報あり」の方が審査が通ったとの内容だったのです。

 

私はこの書き込みを見て何の根拠もなく、審査にチャレンジしてみようと思ったのです。
でも審査結果は何度申し込んだところで否決です。

 

審査の際に信用情報機関の事故情報を確認して結果を出しているので当たり前です。
簡単に審査に通ってしまうんだったら、事故情報の存在の意味がなくなってしまいます。

 

安易な思いからの行動でした。

 

またクレジットカードを作れる日は来るのか?

「免責許可決定後から7年はクレジットカードを含めた借金ができない。

 

裁判所でそう説明されてるのだから、何度審査をかけたところで落ちるだけです。
残るのは審査をかけた履歴のみ。

 

その時の私に出来ることは7年を待つことのみでした。

 

でも7年も過ぎる頃には現金払いの生活に慣れてしまってクレジットカードのことなんて忘れてるはず!
それでも良いかなと、そう思っていました。

 

そして私はクレジットカードを持つことへの希望を、ひとまずは断念したのです。
「7年待つしかない」というのが、この時の結論でした。

 

それから自己破産してから5年2ヶ月が経過しました。

 

クレジットカードを取得出来たのは5年2か月後!

そんな時に、またしてもインターネットのサイトで5年で取得出来た人がいるという記事を発見してしまったのです!
その時の私は免責許可決定後、5年2か月が過ぎてた状態でした。

 

とりあえず申し込んでみようかなと安易な気持ちになったのです。

 

自己破産時に債務者となった会社のクレジットカードは、当然ながら期待はできません。
信用情報機関から事故情報は消えても、会社独自の社内ブラックというものが存在するからです。

 

インターネットのサイトでは街頭キャンペーンなどを実施してると審査に通りやすい!
というような口コミがあったことから、私は出掛けた先のショッピング施設でクレジットカードを申し込みました。

 

否決覚悟でしたが、約2週間後に私の自宅にクレジットカードが届きました。

  • ショッピング利用限度額30万円
  • キャッシング利用限度額10万円

でのスタートでした。

 

私は免責許可決定後、5年2か月にして再びカードを取得することが出来たのです。

 

そして、その3か月後には会員制大型スーパーの店頭で申し込んだ別のクレジットカードを発行しました。
現在は2枚のカードを所持しております。

 

カードを再取得出来た時に思ったこと

7年だと思っていたので、まさかこのタイミングで取得出来るとは思ってませんでした。
自己破産時もクレジットカード再取得時も住所や名前などは変わっていません。

 

ただ単に個人信用情報機関から事故情報が消えたのでしょう。

 

過去の経験から同じことは二度としないと決めたので、今この手元にあるカードを計画的に利用して大事にしていこうと思っています。

 

クレジットカードには魔力のようなものが存在し、使い手の感覚を狂わせることがあります。

 

でも使い方さえちゃんと把握していれば、日々の生活にはとても役にたつもので、皆さんは債務整理する程の使い過ぎにはご注意ください!

 

ここで私以外の自己破産体験談をご紹介します。
この方は取得まで8年かかっています。

 

住宅ローン絡みで自己破産した私

私がクレジットカードを持てなくなったのは、私が住宅ローンで借りたお金を住宅メーカーが使い込み、挙句の果てに住宅も建たず、住宅ローンの支払いだけが残ってしまったことで自己破産をしたことが原因です。

 

それまで3枚のクレジットカードを持っていたのですが、自己破産をきっかけに全てのカードを使うことができなくなり、そのあともカード審査が通らなくなりました。

 

信用を失った暗黒の時間

2006年に自己破産はしたものの、仕事は順調に進んでいました。
ですが、自己破産してクレジットカードを持っていなかったことで生活上の不便がかなり増えてしまいました

 

例えば、出張も多く飛行機に乗ることも多かったのですが、クレジットカードを持っていないのでチケット購入は現金になり、航空機マイルもあまり貯まらず、一度もマイルを使って旅行することはありませんでした。

 

そのほか民主党が政権を取ったときに高速道全国一律1000円というのがありました。
これもETCカードを持てなかったので該当せず、私はその期間に遠出の旅行することもなく、生活の楽しみの幅を広げることができませんでした。

 

生活の面でも、すべてのことを現金払いをしなくてはいけなくなり、ローンも組めなくなって車の買い替えなどの大きな買い物ができなくなりました。

 

その他、自己破産をしているということで、2012の12月、息子の大学入学に向けて教育ローンを銀行にお願いに行ったところ、審査が通らないということで断られました。
6年経過時点でも、私の信用はまだ無かったとみたいです。

 

ついに認められた自分への信用

クレジットカードを失効してから8年が経過した2014年12月。
インターネット上でヤフーJCBのクレジットカード発行のサイトに出くわしました。

 

「ダメだろうなぁ」と思いながらも発行の手続きを行いました。
何とそれから4日目にカード発行の審査が通ったというメールが届きました。

 

そのとき私は半信半疑でした。
しかしついにこの日が来たことに関してうれしい気持ちでいっぱいになりました。

 

数日後、無事にクレジットカードが送付され、早速クレジットカードを買い物で利用しました。

 

自己破産してから8年とは何とも長い期間でした。
これからはお金の管理をしっかりし、クレジットカードを有効に使い、より楽しい人生を送っていきたいと思います。

5分で見つかる
1 審査に自信がない方
どうしてもクレカが欲しい人にお勧めの一枚。選ばれている理由とは?


2 カードを持てない時の代替案
お金の使い方・考え方によっては、こちらのカードでも満足できます!


3 自分の審査力は普通だと思う方
延滞や事故歴があると通らないカードですが、年収や職業面は問題になりません