クレジットカードの更新時に起こりうること

更新拒否・見送りの理由

クレジットカードの有効期限は、カード会社の基準によって異なります。

 

一般的な基準として、

  • 新規での顧客は、最初の更新年数が短い
  • 長く利用している顧客は、クレジットカードの有効期限も長い

というものがあります。

 

これは、利用額が多い少ないというよりも、きちんとカードを利用して支払ったことで支払い実績ができ、信頼度が大きくなったことが影響しています。

 

なので、1度クレジットカードの更新時期をクリアすると、安定した支払い実績が評価されて有効期限は3〜5年と一気に伸びると思います。

 

しかし、この有効期限は人によって1〜5年間位と幅が出てくる場合があります。
この年数は、クレジットカード会社によって異なりますし、その人の信用度によっても違ってくるからです。

 

更新時期にも審査はあるの?

入会審査に通ってクレジットカードを持てたからといって、「永遠に持つことができる!」といような安心は出来ません。

 

通常のカード会社は、途上与信と言って定期的に私たち契約者の利用状況をモニタリングしていますが、クレジットカードの更新時期にも同様の審査が行われています。

 

仮に、

  • 小さな延滞を起こすことが多い
  • 毎月キャッシングを利用していて返済が遅れてきている

というような顧客がいたとします。

 

このような顧客に対しては、クレジットカード更新時期になると信用調査部が再審査を始めるのです。

 

というのも、延滞が多かったりキャッシングを濫用(乱用)している顧客は、他社のカードでも同じようなことをしている確率が高いからです。

 

このような状態が続けば「必ず延滞から滞納になってしまうのが目に見える」というような判断をされてしまい、その顧客には「更新カード拒否・見送り」という対処が取られてしまうのです。

 

再審査に落ちる

 

住所変更を忘れずに!

1回の有効期限が5年などの長期間になると、引越しをされている方も増えてきます。

 

その場合は、しっかりとクレジットカード会社のホームページにアクセスして、自分の登録情報を更新しておきましょう!

 

住所が旧居のままになっていると、審査過程において色々とトラブルの元になってしまうことがあります。

 

主な更新拒否理由とは?

上記でも少し触れましたが、クレジットカード更新のタイミングで拒否をされてしまう理由はなぜなのでしょうか?

 

ここでよくあるパターンを紹介していきます!

 

(1)まったく使ってない

カード会社からしてみれば、せっかく発行したのにも関わらず、まったく使用してくれない利用者は、コストでしかありません。

 

なぜなら、

  • 途上与信
  • 再審査
  • 更新
  • サポート
  • データベースの管理

など各利用者ごとに維持費がかかるからです。

 

ですから、そういった休眠会員は更新のタイミングで切られてしまいます。
「まったく」というのは、「有効期限中に一度も使ってない」という意味と同義語です。

 

(2)延滞が多かったから

3ヶ月など長期の滞納はしないまでも、1ヶ月未満の細かな延滞を繰り返している方でも、更新拒否をされてしまう可能性は高いです。

 

クレジットカード会社には大量の顧客データベースがありますので、ビッグデータではありませんが「延滞を何回繰り返した方は、何ヶ月後に未払い状態になる」というような傾向をつかんでいます。

 

ですから、各カード会社の更新基準から外れてしまうほどに延滞を繰り返してしまった場合は、容赦なく見送りをされてしまいます!

 

(3)他社での滞納や債務整理が発覚したから

更新時期の審査では、CICなどの個人信用情報機関で、他社の利用状況もチェックされます。

 

そこで例えば、A社のクレジットカードはお行儀良く使っていたとしても、

  • B社のクレジットカードで3ヶ月以上の滞納
  • C社のキャッシングの支払いを同じく滞納

というような状況だった場合は、「他社で借り入れが多く支払能力に無理がある」と判断し、A社もあなたのクレジットカードの更新を断念してしまう可能性が高くなります。

 

なぜなら、他社の支払いが鈍ったら、次に自社まで鈍るのは時間の問題だからですね。

 

また、他社でしてしまった借金が原因で債務整理を行った場合も、個人信用情報機関のデータでそのことを知られてしまうので、更新拒否されてしまいます。

 

このようにカード会社は、まだ自社が被害を被ったわけでもないのに、カードの更新を断ってきますので、くれぐれもご自身の信用情報をネガティブなものにしないよう気をつけてください!

 

(4)安定した収入がなくなった

クレジットカードのお申し込みをした時は、毎月のお給料を貰っていたが、その後、

  • 仕事を辞めて無職になった
  • 結婚して専業主婦(主夫)になった

というような属性変更が起こった場合にも、更新されないことがあります。

 

ただし、このケースの場合は、支払い状態が健全であるなら、そのまま継続してクレジットカードを使わせてくれることが多いです。

 

上記の2番・3番のような信用情報にならないよう、くれぐれもご注意ください!

 

(5)素行不良が目立ち、カード会社に迷惑をかけていた

これはレアなケースですが、毎月きちんと支払いは行っていたものの、カード会社に多大な迷惑をかけている利用者も更新を拒否されることがあります。

 

例えば、

  • クレーマー(サポートのコールセンターのコスト負担が増える)
  • ネット(ブログ、ツイッター、フェイスブック、2ちゃんねる等)に悪評を書き込む

などが原因となりやすいです。

 

クレーマーはNG

 

特に実名でブログやSNSをやられている方は、簡単に特定されてしまいます。
何か腹の立つことがあっても、ネットに公開するのは我慢した方が無難です。

 

更新拒否をされてしまったら

クレジットカードの更新を見送られてしまった場合は、まず原因を明確にしましょう。

 

他社のクレジットカードかキャッシングなどで、事故を起こした自覚があるという方は、すぐに原因がわかると思います。

 

ですが、自分では全く検討がつかないという方は、

  • CIC:クレジットカードで事故を起こした場合
  • JICC:消費者金融の場合

のどちらかで、ご自分の個人信用情報(クレジットヒストリー)をチェックしてみてください。

 

更新拒否をされてしまったのであれば、どちらかの信用情報が傷ついている可能性が高いです。

 

原因がわからなかったり、ブラックリストからクレジットカードを持ちたい場合は、ブラックリストの人がクレジットカードを作れる方法を参考にしてみてください。

 

当サイトでは、まずは審査に通りやすいカードを持って、新たにクレヒスを磨き直す方法をお勧めしています。

 

急ぎで新たなクレジットカードが欲しい方は

クレジットカードには即日発行という方法があります。
信用情報には問題ないという方は「クレジットカードを即日発行する3つの方法(土日もOK)」をご覧ください!

 

5分で見つかる
1 審査に自信がない方
どうしてもクレカが欲しい人にお勧めの一枚。選ばれている理由とは?


2 カードを持てない時の代替案
お金の使い方・考え方によっては、こちらのカードでも満足できます!


3 自分の審査力は普通だと思う方
延滞や事故歴があると通らないカードですが、年収や職業面は問題になりません