クレジットカードの使い過ぎからキャッシングへ

カードキャッシングの乱用にご注意!

クレジットカードの便利さに慣れてしまうと、誰でも一度は、

  • これが欲しい!
  • 今すぐ買いたい!

というような衝動が起きてきてしまい我慢することが、なかなか出来なくなってしまった経験があると思います。

 

欲しい物がたくさん

 

気がつくと、

  • ショッピングの限度枠は一杯
  • 銀行口座の残高もわずか

という状態になってしまい、「次のお給料日まで、足りそうにない!」となってしまいます。

 

この段階で、多くの人は「使いすぎたな」と反省して、次の月は控えるようにするのですが、一方で反対に深みに入ってしまう人もいるのです。

 

カードキャッシングという深みにはまる

ショッピング枠が埋まってしまったのなら、そこで消費を控えるようにすれば良いのですが、キャッシング枠にまで手を出してしまう方がいます。

 

そうなると、一気に返済が大変になります。
限度枠が大きい方ほど危険ですので、注意しましょう!

 

カードローンとカードキャッシングの違い

ところで、

  • カードローン
  • カードキャッシング

の違いをご存知でしょうか?

 

最も大きな違いは返済方法にあります。

 

通常のカードローンの場合
  • 元利均等払い
  • 元金均等払い

などの分割払いの形が取られます。

 

カードキャッシングの場合

クレジットカードに付いているキャッシング機能のことですから、ショッピングと同じく一括払いが基本となります。

 

カードでお買い物する時と同じく、お金を借りる時も、翌月に支払える範囲内で使う必要があります。

 

消費者金融よりも簡単

クレジットカードのキャッシング枠を利用するのは、消費者金融に入店して契約するよりも、かなりお手軽です。

 

その分、「借りている」という感覚が麻痺しがちです。
一度使ってしまうと、「限度額内も自分が使える範囲の金額」というような錯覚を起こしてしまう方もいます。

 

ですから、よほどお金に困った状況にならない限りは、使わないようにしておきましょう。

 

特に注意して頂きたいのは20代前半で、大学生や専門学校など友達付き合いの多い方たちです。

 

人生においてお金の使い始めの時期ですから、まだ使い過ぎるという怖さを知りませんし、キャッシング枠を自分の銀行預金と同じものだと錯覚してしまう方が少なからずいるからです。

 

また、お金を使う機会が、

  • 友達や彼女、サークル付き合いにかかる交際費
  • パチンコ、パチスロ、麻雀、競馬などの遊興費(ギャンブル費用)

など急激に多くなるにも関わらず、収入は不定期のアルバイト代だけだったりして、収支のバランスが不安定な方も多いです。

 

そこで、クレジットカードのカードキャッシングを、自分の貯金のように使ってしまうと、あっという間に金銭感覚を麻痺させる原因になってしまうので気をつけましょう!

 

限度額

クレジットカードに付帯されている

  • ショッピング枠
  • キャッシング枠

は別ですので、注意しましょう。

 

「キャッシングを絶対に使いたくない」という方は、0円に設定するという方法も有効です。

 

海外でも使えるの?

海外でもクレジットカードが使えるのですが、ATMでカードキャッシングを利用することもできます。

 

その際には、為替が影響するので、国によっては得することも損することもあります。

 

即日返済できるの?

ショッピング枠と同じで、キャッシング枠も即日返済できます!
これは、クレジットカード会社の入金用口座に、銀行振込みをするという操作が必要になります。

 

いずれにせよ、繰り上げ返済の場合はカード会社へ電話連絡する必要があります。

 

カードの保有枚数を減らそう!

ショッピング枠と同じで、キャッシング枠の方もあればあるだけ使ってしまいます。
さらにカードを複数枚持っているとしたら、

  • カードAの支払いを
  • カードBで借りて返す

という自転車操業を行ってしまいがちです。
これをやってしまうと債務整理の道へマッシグラですので注意しましょう!

 

家族や恋人、友人に乱用されないように用心!

自分自身でなくとも、身近な人にあなた名義のクレジットカードでカードキャッシングを乱用されてしまうこともあります。

 

その場合はどうなるかというとクレジットカード会社との契約関係に基づき、名義人であるあなたに支払い責任が発生してしまいます。

 

カード会社に相談をすれば一部(もしくは全額)免責してもらえる可能性もありますが、確実ではありません。

 

もしあなたが、あなたのカードでキャッシングした相手に支払いを行わせたい場合は、警察に相談し

  • 詐欺罪
  • 私文書偽造

などで罪に問うことが必要になります。
また同時に弁護士に相談して法律に則った上で訴訟を起こし、支払い請求・損害賠償請求を行うことになります。

 

そうなってくると、

  • 身近な人にそこまでできるか?
  • やったところで弁護士費用に見合った分のお金を取り戻せるか?
  • そもそも相手に返済能力があるか?

など様々な問題にぶち当たります。

 

見ず知らずの第三者による犯罪なら免責してもらえる可能性も高くなりますが、身近な人間に乱用されることだけは本当に避けましょう!

 

ストレス解消になっている方は注意

どうしても必要な買い物をクレジットカードで支払うことは、皆さんやっていると思いますが、ストレスなどを解消する為に「買うことが目的」になってしまっている方は注意が必要だと思います。

 

私の知人でも、それが原因で債務整理で個人再生手続きを行った方がいます。
くれぐれもキャッシング枠の濫用にはご注意ください!

 

本当にお金に困った時に無料で相談できるところ

両親

まずは絶対的に両親に相談するのが良いと思います。
親が借金を立替えてくれたなら、利息というものが発生しないので、その後の返済が楽だからです。

 

また、身内以外の人間に迷惑をかけずに、穏便に問題を解決できるというメリットも大きいです。

 

とは言え、親に対して、その埋め合わせは人生のどこかでしなければならないと個人的には思います。

 

法テラス

法テラスは、直接、借金に関する法律相談ができる場所ではないですが、お問い合わせ内容に沿って相談窓口を案内してくれます。

 

お金のトラブルの問題で、いきなり個人で弁護士や司法書士に相談に行くことは難しいと思います。

 

ですから、ワンクッションとして法テラスを活用するのは良い選択肢です。
決して、行けば解決する場所ではないので、その点には注意が必要です。

5分で見つかる
1 審査に自信がない方
どうしてもクレカが欲しい人にお勧めの一枚。選ばれている理由とは?


2 カードを持てない時の代替案
お金の使い方・考え方によっては、こちらのカードでも満足できます!


3 自分の審査力は普通だと思う方
延滞や事故歴があると通らないカードですが、年収や職業面は問題になりません