ブラックの人がクレカを持つ為の方法・考え方

ブラックリストの人がクレジットカードを作れる方法

ブラックリストに載った人はクレジットカードを作れないのでしょうか?
元カード会社社員が優しく解説しています!

 

基本的にはブラックリストであってもカードは作れます

 

ブラックでもカードを作れる

 

ポイントとなるのは「新しいクレヒスの作り方・上げ方」です。
どうしてもクレジットカードの審査に通りたい方は試してみてください!
 

 

新しいクレヒスの作り方・上げ方

俗にいうブラックリスト扱いでクレカの審査に受からない方というのは、

 

  1. 過去24ヶ月以内に延滞を2ヶ月連続で起こした方⇒個人の信用情報が傷ついているプチブラック状態
  2. 3ヶ月以上の延滞で「異動」が付いてから5年が経っていない方⇒ブラックリスト入り状態

 

というような方です。

 

1番目に当てはまる方は

過去に2ヶ月連続で支払い遅延や延滞を行なってしまい、ご自身の信用履歴(クレヒス)に、
「正常支払い以外を示す、AやPのマーク」
が付いてしまっている一時的なブラックリスト状態です。
※ちなみに正常支払いは「$マーク」です

 

この信用履歴は直近の24ヶ月分が残ってしまう仕組みなので、
「正常支払い以外のマーク」がある分だけ、
クレジットカードの審査には落ちやすくなってしまいます。

 

しかも、この履歴は新たな「支払い実績」を作らないと、古い履歴が押し出されません。
ですから、新たな支払いが無い状態だと、いつまでも不利な履歴が残ったままになってしまうのです。

 

そんな状況を回避する方法は、クレジットカードで新たな支払いをして、クレヒスの古くて悪い履歴を後ろに追いやることです。

 

悪い履歴がクレヒスの前の方にあるよりも、後ろの方にあるだけで随分と審査の印象が違ってきます。
審査の人間は、「この人は最近の履歴では正常に支払いをしている」と判断してくれます。

 

ですから、最初は審査に通りやすいカードで新たな支払い実績を作ることが大切です!
一般的なクレジットカードだと審査が難しい場合は「こちらのクレカ」を参考にしてみてください。

 

まずは審査が通りそうなクレカにお申込みして、それを使って支払い実績を更新していきましょう。
そして半年後を目安に、好きなクレカにお申込みしてみるという流れが良いと思います。

 

2番目に当てはまる方は

過去に3ヶ月以上の延滞履歴(異動付き)がある方なので、俗にいうブラックリストとして各社で認識されています。

 

異動が付いてしまった場合は、5年間は情報が残ってしまうので、「クレカや他のローン審査に5年間は受からない」と噂されています。

 

ですが、これは都市伝説の一つで、必ず5年間というわけではありません。
期間はあくまで目安なので、審査に通すか通さないかは各カード会社の審査基準によって決まってきます。

 

実際、カード会社の人間は「審査に通りにくくなる」とは言いますが、「通らない」という言葉は絶対に使いません。
なぜなら、ブラックリストの方にも発行されているケースをたくさん知っているからです。

 

当サイトでも、5年以内に持つことができているケースを、毎月山ほど確認しています。
審査に自信がない方におすすめのクレジットカード」に狙いをつけて試してみてください!

 

  • 1年でも大丈夫か?
  • 3年は待たなくてはならないのか?

というのは、本当にケースバイケースになってくるので、審査に申し込んでみるしか答えはわかりません。

 

ですが、当サイトでお申込みされている方は、
ブラックリストでも、かなりの確率でクレジットカードを作れているので、ぜひ試してみてください!

 

 

債務整理を行った方は

ちなみに自己破産や任意整理などの「債務整理」を行った方は、2番目のブラックリストの方よりもクレジットカードを作ることが難しいです。

 

ただ、債務整理をした方でも、お申込みをするカード会社の審査方針によっては、稀に5年以内に審査に受かることがあります。
なので審査の甘いカードでトライしてみることもできます。

 

ですが、せっかく債務整理までされたので、やみくもに審査にお申込みするよりも、CICとJICC(個人信用情報機関)で、自分の債務整理の情報が消えていることを確認してから、お申込みを開始される方が良いと思います。

 

信用情報の開示
窓口や郵送で自分の信用情報を見られます

 

また、5年が経過した後は、信用履歴が真っ白になり「スーパーホワイト」と呼ばれる状態に戻ります。
なので、中高年以上の方の場合、それもクレカ審査に落ちる原因の一つになることがあります。

 

その場合も同様に、ひとまずは審査に通るクレジットカードで、自分のクレヒスに支払い実績を作ることから始めてみてください。

 

 

補足:銀行系のクレジットカードはお勧めしません

銀行系クレジットカードは特に審査が難しいです。
なので、最初は他のカードに狙いを定めた方が良いと思います。

 

それでも銀行系カードを持ちたい場合は、遠いようですが銀行との取引を地道に行うのが近道だと思います。
※もちろん、過去の支払いを滞納中の人は、当然ながらクレジットカード発行は出来ません

 

もし、今現在で銀行との取り引きを何もしていなければ、公共料金の口座振替等で、実際に銀行口座の利用を始めてみましょう。
出来れば、1つの銀行に絞る方が効果的です。

 

そこで大切なのは、「最初に自分がどこの銀行系のカードを持ちたいか?」ということを決めておくということです。
そして、その銀行の口座を徹底的に利用するようにしましょう。

 

可能であれば、銀行口座の利用にとどまらず、積み立て預金等の貯蓄性のある商品の取引もしておきたいものです。

 

5年以上一つの銀行と取引きを続ける

最低5年間は、銀行との取引を続けます。
その間に生活の中で、商品購入等で分割の契約をする場合も出てくるかと思われます。

 

契約が出来た場合は、延滞せずに完済することが必須です。
そうやって信頼を積みかさねていきましょう。

 

信頼実績と年数を重ねたら

ある程度、貯蓄も出来て、何事もなく銀行との関係を続けられたら、一度、窓口にて正直に今までの経緯を銀行員に説明して、クレジットカードの申し込みを相談してみましょう。

 

このお申込み時点で断る行員はいないと思いますが、肝心なのは申し込み後の審査結果です。
それでもやはり、カード会社からの審査で断られてしまったら・・・

 

(1)まずは個人信用情報機関で自分の記録を調べてみましょう。
一定期間が経過しても、手違いで過去の履歴が残ったままのケースがあるからです。

 

(2)クレヒスに問題がなくても落ちてしまった場合は、
もう一度、銀行の窓口に赴き、カード会社に断られてしまった事を相談してみましょう。

 

実は、カード会社側が審査で否決にした顧客に対して、銀行側から、再審査の申請をしてくれる場合があるからです。
※この場合、銀行はその顧客との取引実績を添付して、資料としてカード会社に送ってくれます

 

その結果・・その顧客は、再審査で可決になりカード発行になる可能性が高いです。
これは元カード会社の人間から言わせて頂くと、「その方が銀行との取引を地道にしてきたから上手くいくケース」だと思うのです。

 

ですから地道に続けることが大切だと思います。

 

5年間も待てないという方は

数年間も銀行との取引きを続けなきゃいけないなんて、「そんなに待てない!」と思う人もいるかも知れませんね。
しかし、それだけ「信用」を取り戻す事は大変なことなのです。

 

「たった一度だけでも?」
その一度でも「信用」を落とした事には変わりはないのですから。

 

ただ上記の方法で挽回できますので、ぜひ試してみてください!
個人的には「新しいクレヒスの作り方・上げ方」の方法を最初に試してみることをお勧めしています。

5分で見つかる
1 審査に自信がない方
どうしてもクレカが欲しい人にお勧めの一枚。選ばれている理由とは?


2 カードを持てない時の代替案
お金の使い方・考え方によっては、こちらのカードでも満足できます!


3 自分の審査力は普通だと思う方
延滞や事故歴があると通らないカードですが、年収や職業面は問題になりません