個人信用情報機関とは?

個人信用情報機関まとめ

クレジットカード会社は、個人信用情報機関(CIC)で、お申込み者の信用情報や過去の履歴(クレヒス)を得ています。

 

※個人信用情報機関は、「指定信用情報機関」と呼ばれることもあります

 

どのクレジットカード会社もCICに属しているので、これからは逃れられません。

 

CICで顧客(カード利用者)の情報を調べると、

  • 過去に支払いを延滞や滞納したことがあるか?
  • 多重債務を起こしたことがあるか?
  • 現在どれだけの債務があるのか?
  • 何回払いの分割になっているのか?

などが分かるようになっています。

 

個人信用情報機関の種類

金融機関の属性ごとに大きく3つに分かれていて、

  1. CIC:クレジットカード
  2. JICC(日本信用情報機構):キャッシング、消費者金融
  3. 全国銀行協会::(全国銀行個人信用情報センター):銀行系

が主な種類となっています。

 

FINE(ファイン)で共有される信用情報

消費者金融やキャッシング系の信用情報を集めている機関をJICCと言います。
そして、CICとJICCはFINEというネットワークで情報を交流させています。

 

つまり、どういうことかというと、クレジットカードにお申込みをして、CICに自分の個人信用情報を利用することを許可したということは、JICC側の貸金業者(アコム、アイフル、モビットなど)からお金を借りる時の審査にも活用されるということです。

 

FINE

※画像はCICのホームページより

 

これは当然ですよね。
クレジットカードにもカードローンというサービスがあってお金を借りられるのですから、貸金業者側も審査において、当然、その情報が必要になってきます。

 

そうしないと、お申込み者の「総借入残高」を把握できないので、間違った融資を行ってしまう原因となってしまいます。

 

キャッシングでもカードローンでも、とにかくお金を借りたいと思っている人にとっては、FINEは厄介なネットワークですが、利用者の借り過ぎを防止する為には必要なものなのです。

 

同様にCRINというネットワークもありますが、そちらに関しては奨学金のページで紹介しています。

 

開示する方法は?

各機関ごとに異なりますが、

  • インターネット
  • 窓口
  • 郵送

の方法が用意されています。
残念ながら電話での開示は不可能です。

 

また開示できるのは本人のみとなっているので、家族であっても自分以外の情報は調べられません。

 

ただ、亡くなった方の情報開示したいという要望は多いみたいですので、法定相続人のみ代理での開示が認められています。

 

旧姓でも開示できるの?

お申し込み時に旧姓を記入する欄があるので、

  • 現姓のみ
  • 旧姓のみ
  • 両方

というパターンで調べることができます。

 

旧姓を調べる場合は、本人確認書類の他に戸籍謄本が必要になります。

 

取材に行ってきました!

私が取材に行ってきたページがあるので、良かったらチェックしてみてください。

CIC新宿で信用情報開示してきました

 

神田にあるJICC(日本信用情報機構)に行ってきた

 

登録されている期間は?

個人信用情報機関に登録されている期間については「ブラックリストを解除・消したいならクレヒスの確認から」でまとめています。

 

利用するデメリットはあるの?

個人信用情報機関を利用するメリットは、自分のクレジットヒストリーを把握できるということです。

 

これによって、カード審査に落ちてしまう原因を絞り込むのに役立ちますし、過去に異動マークが付いてブラックリストになってしまった方は、いつになったら新しいクレジットカードにお申し込みできるのか?などの予定が立てやすくなります。

 

それでは、デメリットはあるのでしょうか?
正直言って、開示してネガティブなことは一つもありません。

 

強いてあげるとしたら・・・

 

時間と費用がかかる

個人信用情報機関は3種類あるので、全て調べるとなると時間とお金が結構かかります。

 

また、それほど全国にたくさん窓口があるわけではないので、近くにない場合は、訪問するとなると交通費までかかってしまいます。

 

照会履歴が残る

信用情報の開示を行うと、「誰かが照会した」という履歴が残ってしまいます。

 

それを持って、短い日数で照会されている回数が多いと、

  • それほどたくさんの人が調べてるということは、たくさんのカード(キャッシング)をお申込みしている証拠
  • 債務整理が明けるのを待っている時に何度も調べた?

などの疑いをかけられて審査に通りづらくなる。
という意見もあります。

 

ただし、これは実際はカード会社は審査時にチェックしていないので気にする必要はありません。

 

登録されているデータは削除できるの?

事実である場合は、どれだけCICなどに依頼しても削除してもらうことは不可能です。

 

ただ、既に支払いが済んでいたり、債務整理を行って一定期間が済んでいるのに、

  • 異動情報
  • 破産申立
  • 法定免責

というような情報が消えない場合は、事実ではないので修正依頼を行うことができます。

 

この場合は各個人信用情報機関に連絡しても事実の確認のしようがないので、取り引きのあった金融機関(カード会社・消費者金融)に連絡をした方が良いです。

 

そちらから個人信用情報機関に正しい日時や記録を通知してもらうようにしてください。

 

住宅ローンとの関係

クレジットカードやキャッシングの審査で、個人信用情報機関を調べられるのはご理解頂けたと思いますが、実はもう1つ大事なローンにお申し込みした時にもチェックされてます。

 

それは「住宅ローン」です。

 

ですので、結婚をして住宅を購入する大事なタイミングで、個人信用情報機関に事故情報が掲載されると、審査に落ちる可能性が高まります。

 

クレジットカードやキャッシングで延滞を起こさないように注意しましょう!

5分で見つかる
1 審査に自信がない方
どうしてもクレカが欲しい人にお勧めの一枚。選ばれている理由とは?


2 カードを持てない時の代替案
お金の使い方・考え方によっては、こちらのカードでも満足できます!


3 自分の審査力は普通だと思う方
延滞や事故歴があると通らないカードですが、年収や職業面は問題になりません