クレジットカードは身分証明書

身分証明証のようなもの

海外の人は、ほとんど現金を持ち歩くことはしません。

  • レストランでの食事代
  • ホテルでの宿泊費
  • ガソリンスタンドでの支払い
  • 店舗でのお買い物だけでなく、街なかの少額決済

まで、あらゆる場面での支払いでクレジットカードを使用しています。

 

お買い物はカードで!

 

そして、「どこのクレジットカード会社の、どのようなカードを持っているか」で、その人の信用性(クレディビリティ)を証明する役割も担っています。

 

言わば「お金を使える人かどうかの身分証明証」のようなものです。

 

これは、大げさに言っているようで、言い過ぎではありません。
海外では、利用するお店やホテル等の接客内容がクレジットカード一枚でガラリと変わります。

 

より審査が厳しい有名な会社のクレジットカードを持っている場合は、お店側はその人のことを、

  • 信頼性があり
  • お金をたくさん使ってくれる上客

だと見て、より質の高いサービスを提供してくれるのです。

 

言ってみれば、クレジットカードによって、お客に対する見る目が変わるのです。

 

ですから海外ではVIP専用サービスの種類が多いですし、金額も普通の人が払えなくくらいに高く設定されているのでビジネスとしても成り立っています。

 

この感覚は「誰に対しても平等に接しないといけない」というルールがある日本と大きく異なるところです。

 

海外でクレジットカードが必要になる時

海外では、上記のようにクレジットカードが信頼性を示す身分証明書になりますが、それだけではなくサービスを利用する為に最低限必要なアイテムでもあるのです!

 

ホテルに泊まる時

海外では、ホテルのフロントでチェックインする時に、まずクレジットカードの提示を求められます。

 

外国ホテルでの提示

 

もし提示できない場合には、

  • 宿泊できない
  • 保証金としてデポジット(現金での預託金)を求められる

のどちらかの対応に切り替わります。

 

なぜデポジットが求められるのか?というと、海外のホテルでは、

  • 宿泊日数の延長による追加費用
  • ルームサービス、電話代、クリーニング代、スパなどの利用料金
  • ホテル内でのショッピング
  • 部屋を汚されたり水浸しにされたり、設備を壊された時に発生する修理代金

などの宿泊料金以外の費用も含めて、チェックアウト時にまとめて精算できるようになっているからです。

 

ホテル側としては、散々サービスを利用された後で「支払えません」と言われてしまうリスクを避ける為に、クレジットカードもしくはデポジットを要求してくるわけです。

 

デポジットを求めれるのはアメリカやヨーロッパ、一部のアジア(シンガポール、香港)の高級ホテルだけではありません。
日本人がよく行くアジアのタイ、台湾、マレーシアなどでも同様です。

 

【デポジットでなるべく済ましたい】
また、「デポジットで泊まれるならカード無しでも良いのでは?」と思われるかもしれませんが、海外の場合は、

  • 国によっても
  • 州によっても
  • ホテルの経営方針によっても

色々な事情でルールが異なってきます。日本のように統一ルールを期待しても無駄なのです。

 

現地に行って、クレジットカード無しで泊まれる宿泊先を探すことができる上級者でなければ、やはりカードを保持して行きましょう!

 

【デポジットの相場】
支払うデポジットの額もケースバイケースです。

  • 1泊分の宿泊料
  • 宿泊料×宿泊日数
  • 宿泊料×宿泊日数×2〜5倍

などなど、下手をすれば通常の数倍の現金が必要になることもあります。

 

【日本の旅行会社のツアーでも必要?】
最近ではツアーでのパッケージ旅行で宿泊する際にも、クレジットカードが必要なケースも増えてきますのでご注意ください!
これは上記で書いた、ホテルのルームサービスを利用することを想定された対応です。

 

宿泊料金に関してはパッケージに含まれているはずですので、請求されることはないはずです。

 

レンタカーを借りる時

海外旅行や出張でレンタカーを借りる時にもクレジットカードの提示が必要になります。

 

レンタカーを借りる方法には、

  • 旅行会社経由
  • 事前に自分でネット予約
  • 街のレンタカー屋さんに飛び込みで

というようなパターンがありますが、基本的にはどの場合にも提示が必須です。

 

注意点としては、先に料金を銀行振込みで支払い済みであっても、クレジットカードの提示が必要になることです。

 

レンタカーには事件、事故、故障などが起こるリスクがあるので、やはり借りる人がどんな人なのか?万が一の際に支払い能力があるのか?を証明する為の身分証明証が必要なのですね。

 

また、レジャー等で必要なその他のレンタル品、例えば、

  • レンタサイクル
  • スキー、スノーボード

を借りる時にもレンタカーと同様のことが起こりえます。

 

免税店でお買い物をする時

一部の国では、高級な免税店でショッピングをする際にも、提示を求めれるたという話も聞いたことがあります。

 

現地オプショナルツアーにお申し込みする時

外国に行ったら、現地でしか味わえない体験をする為に「オプショナルツアー」に参加する方も多いですよね。

 

こちらも大半がクレジットカード必須です。
いわゆるドタキャンが多いので、当日キャンセル代をシッカリと請求できるようにする為ですね。

 

このように、海外はクレジットカードがないと面倒なことになってしまう社会システムになっていますので、必ず「身分証明証」として持っていくようにしましょう!

 

注意点(1)JCBよりVISAやマスターカード

日本で発行するクレジットカードは、国際ブランドが、

  1. VISA
  2. マスターカード
  3. JCB

のほぼ3択であると言えます。

 

この中でJCBは日本の会社ですので、イマイチ海外の加盟店獲得が進んでいません。
つまりJCBだと外国のショップで使えない可能性があります。

 

その点ビザとマスターカードは、グローバル企業ですので、まず間違いなくどこの国でも使えます。
JCBしか持っていない方は、VISAもしくはマスターのどちらかを合わせて2枚持ちで行かれると良いでしょう!

 

注意点(2)トラベラーズチェックは使えるかわからない

留学生を初めとして「紛失や盗難時に再発行できるトラベラーズチェック(T/C)」をたくさん持っていく方がいますが、トラベラーズチェックはクレジットカードほど認知度が高くありません。

 

アメリカ(ハワイ、グアムまで含む)なら大丈夫かもしれませんが、それ以外の国(ヨーロッパでさえも)使いづらいのが現状です。

 

【アメリカならOK?】
かつてはデポジットをトラベラーズチェックで支払うことができましたが、2014年に日本でのトラベラーズチェック発行が廃止されてしまった為、今後はアメリカでも使用できるところが少なくなっていくと予想されます。

 

日本のクレジットカード感覚

日本では、多くの方が「一般カード」と呼ばれるクレジットカードを持ち、お買い物やサービス料を支払う為だけに使っています。

 

ほとんどの場合が年会費無料ですし、ポイント制度や各種保険制度などのサービスを受けられることもあって、普通に生活してお買い物する分には、まったく問題ありません。

 

つまり、まだまだ身分証明証としての価値が高まっていない状態です。

 

身分証明というよりステータス重視?

日本で、他の人よりも良いサービスを受けたいと考える人は、

  • ゴールドカード
  • それより上のプラチナカード
  • さらにカード会社から最優良顧客と認められた方だけに発行されるブラックカード

を持ちます。

 

クレジットカードの信用

 

海外ほどの極端なサービスの差はないですが、年会費を支払ってでも通常より良いサービスを受けたいと思える方が持つカードとなります。

 

また持つことによってステータスを感じてもらうことも高級カードの狙いです。

 

上記では「一般のクレジットカード」を一括りにして考えてしまいましたが、実は一般カードの中でも各社の審査基準によっては、

  • 発行されやすい
  • 発行されにくい

という特徴がわかれています。

 

発行されやすいクレジットカードについてはこちらのページでまとめているので参考にしてみてください!

 

お財布が不要になる日

多くの方にとっては、クレジットカードは「お財布の中に入れるもの」だと思います。

 

ですが、最近では、

  • 電子マネー
  • ポイント
  • 定期券

などの機能も付いている一体型のカードも増えてきました。

 

お財布は、

  • 女性でしたらバッグの中でかさばってしまう
  • 男性でしたらお尻のポケットに入れると座りづらくなる

など、年々、邪魔者扱いされる風潮になってきていると思います。

 

今後、一体型クレジットカードがどのように進化していくかわかりませんが、お財布が時代遅れになるような時代は、そう遠くないような気がしています。

 

そうなった時は、おそらく身分証明証としての役割も担っていることでしょう。

5分で見つかる
1 審査に自信がない方
どうしてもクレカが欲しい人にお勧めの一枚。選ばれている理由とは?


2 カードを持てない時の代替案
お金の使い方・考え方によっては、こちらのカードでも満足できます!


3 自分の審査力は普通だと思う方
延滞や事故歴があると通らないカードですが、年収や職業面は問題になりません