キャッシュレスでショッピング

現金なしで支払いできるキャッシュレス生活

現代社会では、
クレジットカードという言葉を聞いたことがない人はいない」
というほどに、信用決済が浸透するようになりました。

 

カードは普及しているの?

カード発行数は3億枚(日本の人口は1億ちょっと)ですので、持っていないという人は、確率的から言っても、とても低いと思います。

 

ただ、それにも関わらず、利用率は12%程度しかなく、圧倒的に現金派の人が多いのです。

 

つまり、まとめると、

  • カードは持ってる(1人3枚)
  • カード決済するのはたまに(12%)
  • ほとんど現金払い(80%以上)

というような状況です。
これでは、本当の意味で普及しているとは言えませんね。

 

なぜ現金で支払う人が多いの?

主な理由は「カード払いに対応しているお店が少ない」ということが挙げられます。

 

カード決済だと、お店側は手数料が発生するので利益が少なくなります。
なので、現金払いの方が嬉しいのです。

 

つまり日本でキャッシュレス生活を実現させようとすると、買い物できるお店が異常に少なくなってしまうので大変なのです。

 

難しいキャッシュレス生活

 

カード払いが当たり前であるネットショッピングを多用しなければ、現状では生活が成り立たなくなってしまいます。

 

電子マネー

キャッシュレスと言えば忘れてはいけないのが電子マネーです。

 

クレジットカードは買い物が先、支払いは後払いになりますが、電子マネーはプリペイ(前払い)のものがほとんどです。

 

種類
  • Suica
  • PASMO
  • Edy
  • nanaco
  • WAON
  • QUICPay
  • au WALLET

 

使えるお店

電子マネーの方は、クレジットカードよりも使える店舗が少ない印象です。

 

私はスイカとエディを使っていますが、日常で利用できるお店は、

  • コンビニ各社
  • 一部のファミレス
  • 駅ナカに入っているお店
  • 一部のスーパー
  • マツキヨなどの大手ドラッグストア
  • 一部のファストフード店

くらいです。

 

特に困るのがスーパーですね。
レジで小銭を探したくないので、電子マネーで支払っているのですが、対応している「ヨーカードー」や「いなげや」の限定されたお店にしか行くことができません。

 

あとは小さなパン屋さんなどは、100%カードにも電子マネーにも対応していません。

 

小さなお店が、大きな負担なくカード決済を導入できる仕組みが、早くできて欲しいと思います。
そこで登場してきているのがスクエアです。

 

デビットカードは?

本来であればクレジットカードと同じように使える存在になっていなければならなかったのがデビットカードです。

 

しかし、クレジットカードの代替品としての普及には完全に失敗している状態です。

 

とはいえ、VISAデビットカードであれば、クレジットカードでVISAを選んでいる人とまったく同じように支払いに使えるので、ひとまずそこまで不便はありません。

 

ブラックなどでクレジットカードの審査に通らない方は、キャッシュレス生活を目指すにあたって一考の価値があると思います!

 

最近普及しているプリペイドカード

最近、コンビニに行くと、一つの棚を埋め尽くしているくらい普及が進んでいる感があるのがプリペイドカードですね。

 

プリペイドカードは、

  • 後払いのクレジットカードが嫌いな方
  • クレジットカードだと使い過ぎてしまう方
  • 審査に通らない方
  • 誰かにポイントをプレゼントしたい方

というような方に人気です。

 

しかも非常にたくさんの種類があります。

  • Amazon
  • 楽天
  • GooglePlay
  • iTunes、AppStore
  • LINE
  • GREE
  • mobage
  • Ameba

上記のようなブランドごとのプリペイドカードの場合、アマゾン用に買って、ライン用に買ってというように、共通して使えないのがデメリットになってきますね。

 

VISAプリペイドカードもあるけど

もちろんVISA系のクレジットカードやデビットカードと同じように、VISAが使える店舗で利用できるプリペイドカードもあります。

 

ただプリペイドカードの場合は、

  • チャージ(入金)手数料
  • 管理手数料

が必要になってくることがあります。

 

年会費無料で利用できるクレジットカードと比べると、チャージするごとに手数料が取られるプリペイドカードは、デメリットが大きいと言えます。

 

ここがキャッシュレス生活を目指す上では難点になってきますね。

 

Square(スクエア)という黒船

今まではクレジットカードを店舗に決済する為には、専用のレジが必要だったりと大きなコストがかかってしました。

 

そういったものを取っ払ってしまうサービスが海外発の「スクエア」や「PayPal here」です。

 

日本の会社も類似サービスを後から行っています。

  • 楽天スマートペイ
  • Coiney
  • ROYAL GATE

 

サービスの詳細

これが面白くてスマートフォンのイヤホン用の穴があると思うのですが、そこにリーダーと呼ばれるクレジットカードを読み取れる小さな端末を装着するのです。

 

Squareリーダー

 

上記のSquareリーダーは、

  • 横2.5cm
  • 縦2.5cm
  • 暑さ:1.3cm

と非常にコンパクトサイズです。

 

お店が用意すれば良いので、上記のように

  • スマホ
  • 小さな専用端末
  • 専用のレジアプリのインストール

だけなので、レジを買ったりする必要がないのですね。

 

スクエアのようなサービスが普及すれば、最初に紹介したカード利用率12%という数字が一気に跳ね上がることでしょう。

 

ビットコイン

まだまだ未知数な点が多いですが、仮想通貨のビットコインも見逃せないです。
今後どのようにキャッシュレス生活に貢献していくか、まだ形は見えてきませんが、一つの事例を紹介します。

 

例えば、アメリカのShift Cardでは、ビットコインでお買い物ができるようになっています。

 

私がスターバックスなどのカフェで上記のシフトカードを出すと、店員さんがカードリーダーで処理してくれて決済できてしまうのです。

 

お金の動きはどうなっているのかというと、決済後には私のビットコインの口座であるCOINBASEから、コーヒー代のみが差し引かれます。

 

このお金の動きから「ビットコインのデビットカード」という表現で言われています。

 

日本でもクレジットカードを中心としたキャッシュレス環境が、整ってもらえたらと思います!

5分で見つかる
1 審査に自信がない方
どうしてもクレカが欲しい人にお勧めの一枚。選ばれている理由とは?


2 カードを持てない時の代替案
お金の使い方・考え方によっては、こちらのカードでも満足できます!


3 自分の審査力は普通だと思う方
延滞や事故歴があると通らないカードですが、年収や職業面は問題になりません